過去の記事でエイプリルフールで企業や芸能人の面白いウソを紹介しましたが、なんとあのGoogleもエイプリルフールにノリノリで参加していますw

グーグルの社員さんってものすごーく頭の良い人達の集まりだと思うんですが、そんな人たちが真剣にネタを考えてるところを想像するとなんだか笑えますねw

全ての年の動画や画像を見たんですが、私なら普通に騙されそうなクオリティのものばかりでした!

Googleの日本語入力チームも気合の入ったネタを披露しているんですが、今回は【Googleマップ】のエイプリルフールネタを3つ厳選してご紹介します(ΦωΦ)

「スポンサーリンク」

Googleマップ2015年のエイプリルフールネタ

なんとGoogleマップでパックマンがプレイできたそうですよ!

一応アスキーさんの動画を載せておきます(ΦωΦ)

アスキーさんは決まった場所でしかパックマンが出来ないっぽいことを言っているんですが、ツイッターや過去のブログなどを読んでみると、自分のいる場所がパックマンのステージになるらしいですよ(; ・`д・´)

京都市街ムズすぎワロタw

スマホでは自分がいる位置でしかゲームが出来ないみたいなんですが、パソコンだとどこの場所でもパックマンを楽しめたそうですね!

パソコン版ならこの方のように富士山五合目でパックマンをすることも出来ます(;゚Д゚)

というか、こんな感じの地形になるんですねw

狭い道では出来ないそうで、私の家の周りは田舎なので無理そうです(;O;)

パックマンは昔に少しやったことがある程度なんですが、やってみると結構面白くって熱中しちゃうんですよね~(ΦωΦ)

下手ですけどw

ちなみに、Googleで「パックマン」と検索するといつでもパックマンが出来るので、やりたくなった方はやってみてくださいね(‘ω’)ノ

Googleマップ2014年のエイプリルフールネタ

2014年は、ポケモンとグーグルのコラボになっています!

Googleマップの位置情報を利用してポケモンを捕まえるゲームがプレイできたんですが、なんとこのネタ『ポケモンGO』の元ネタなんですよね。

これを開発した人が、外国のゲーム会社に引き抜かれて【ポケモンGO】を作ったというような話でした!

最初はエイプリルフールのウソだったのに、それが現実になるなんてすごいですよね!

なんだか興奮しましたw

そのときの紹介動画を載せておきますのでぜひ見てみてくださいね(ΦωΦ)

動画はかっこいいんですが、ゲーム自体は結構しょぼかったらしく(ネタなので当たり前ですが)全然動画と違うという声もありました(;゚Д゚)

でもポケモンGOはこの動画にかなり近いと思いませんか?技術の進歩ってすごいですね~(ΦωΦ)

個人的に動画の中のギャラドスの一本釣りは私もやりたかったですwあと、イワークが何気にカッコイイですね(‘ω’)ノ

 

【ポケモンGO】のリリース当初は街中にポケモントレーナーが溢れていて、おばあちゃんとかおじいちゃんのような年齢の人までやっているのはビックリしました(;゚Д゚)

ブームもすぎるかと思いましたが、まだまだやっている人を見かけるので、今年も勢いは衰えないかもしれないですね♪

私は一応ダウンロードしましたが、インドア派なのですぐに辞めましたw

あと田舎なのでポケモンが全然いなかったのも理由です(/_;)

Googleマップ2012年のエイプリルフールネタ

2013年の宝探しネタも面白かったんですけど、2012年の方をピックアップしました!

2012年はドラゴンクエストとコラボしているっぽくてBGMとか効果音とかが、まんまドラクエですw

で、2012年のエイプリルフールでは音楽や、効果音の他に肝心なマップの部分がドラクエ風のドット絵の地図になっていたみたいなんですよね(‘ω’)ノ

私が小さい頃なのであんまり覚えていないんですが、ドラクエとかのBGMとか効果音って聞いているだけで懐かしくなって、なんだかワクワクしてきますね(ΦωΦ)

この地図を使えば街を歩いているだけで、冒険しているような気分が味わえますね!

モンスターに遭遇しないように気をつけないとw

まとめ

今回は私が気になったグーグルマップのエイプリルフールネタを3つご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

Googleは毎年本気で挑んでいるみたいなので、2017年も楽しみですね!

また『ポケモンGO!』の元ネタとなった『ポケモンチャレンジ』のような名作が飛び出すんでしょうか?

2017年のエイプリルフールから目が離せませんね!