韓国で大人気だったドラマ【ごめん、愛してる】が長瀬智也さん主演でドラマとして放送されるそうですね!

韓国のドラマが日本でリメイクされることは珍しくありませんよね!

大野智さん主演の「魔王」や、藤ヶ谷太輔さん主演の「美男ですね」が有名ですよね♪

環境が日本と韓国では違うと思うんで、リメイクされるドラマっていうのは、原作と何か設定の違いが必ずあるんですよね!

原作に思い入れがあった場合は「何でそこ変えるの!」みたいなこともあるとは思いますが、大人の事情とかもありますし、違う設定が案外良かったりもします(ΦωΦ)

そこで今回は、日本版と韓国版の「ごめん、愛してる」の違いを比較や結末の展開も予想してみました!

「スポンサーリンク」

ごめん、愛してる(日本版)の韓国版との違いを比較!

現在発表されている日本版の情報は少ないですが、韓国版との違いを比較していきたいと思います!

〇律が韓国からオーストラリアへ養子に出される

当然なんですが、日本と韓国という舞台の違いがあるので、ここは変わるでしょうね!

番組サイトには母親は律を捨てたと書かれていますが、養子に出すのも捨てたというんですかね?

なんだか乱暴な言い回しのような気もします(; ・`д・´)

〇日本版と韓国版のサトルの設定の違い

韓国版では大人気の歌手という設定になっているんですが

日本版では天才ピアニストという設定になるみたいです!

坂口健太郎さんはあんまり歌が得意ではないんでしょうか?

なんと坂口健太郎さんはこのドラマのために、ピアノの練習をしているみたいですよ!

私も昔ピアノを習っていましたが、すごく難しいんですよね(´-ω-`)

有名な「猫ふんじゃった」くらいは弾けますがw

こういうピアニストとか音楽家の役の方って、演奏しているところはプロに任せている人も多いと思うので実際に自分で弾けるくらい練習するというのは、さすが役者です!

ピアニストの役を演じるきることが出来れば、今後の役の幅も大きく広がるんじゃないでしょうか(^^)/

〇母親・麗子の職業

まだ日本版の詳細が明かされていませんが、韓国版のサトルの母親・麗子は往年の大女優という設定なんだとか!

サトルの人気に便乗して仕事を得ているみたいですよ!

この辺りの設定については一切まだ情報が出ていたいのでわかりませんが、大竹しのぶさんなら大女優の風格があるので、設定が同じでも違和感はないですね!

サトルを溺愛していることに関しては、どちらも違いはないみたいです(ΦωΦ)

〇サトルが好きな女の子

サトルが好きな女の子が韓国版にはいるんですが、その辺の設定はどうなるんでしょうかね?

日本版ではまだ情報が出ていないので、今後に期待です♪

ごめん、愛してるの展開結末は?

ここからはものすごくネタバレになるので、展開や結末を知りたくない方は、戻ることをオススメします!

では、韓国版の展開や結末を書いていくのでネタバレが平気な方だけどうぞ!!!

説明するときに韓国の役名だとかなりわかりにくいので、日本の役名に直しますね!

役名を一度整理しておきます!

律…主人公。幼い頃に母親に捨てられ、あることがキッカケで母親を憎む

凜華…ヒロイン。サトルのことが好きだったが、振り向いてもらえない。律に惹かれていく

麗子…律の実の母親。息子のサトルを溺愛している。

サトル…麗子の息子。

簡単な役の説明はこんな感じです!

〇韓国版の展開や結末

自分を捨てた母親が、サトルを溺愛していることを知り、憎しみを抱く律。

だが、サトルが衝撃の告白をする。

サトルは本当は麗子の実の息子ではなく、麗子は律が自分の息子だと知らなかった。

麗子は子供を溺愛していて、子供のためなら命をかけれるほど。

もし律が実の子供だと知ったら、麗子は律を大事にして自分への愛情が無くなるかもしれない。

そう思って、サトルはこのことをずっと隠していた。

その事実を知った律だったが、麗子に会っても自分が息子だとは言わなかった。

ヒロインの凜華は律の事を愛していたが、律は自分の命が残り少ないことを悟り、これ以上思い出を残さないように凜華の前から姿を消します。

そして一年後、麗子はオーストラリアのお墓で眠る、律の元へ。

凜華は愛していた律のお墓の傍らで眠ります。

その後、凜華は律の元へ旅立ちました。

 

という感じで、このドラマかなり泣けると思います!(ノД`)・゜・。

放送日がとても楽しみですね!

まとめ

日本版と韓国版の違いはまだ少ないですが、これから発表される情報を比較して追記していきますね♪

今年、大注目のドラマ「ごめん、愛してる」に期待です!

最後まで読んでいただきありがとうございました!