こんにちは、うさニャンです♡

最近暑くなってきたな~って思ったら、もうすぐ夏なんですよね(・_・;)

夏って暑いし溶けちゃいそうになるので好きじゃないんですが、学生さんからしてみれば「夏休みだぁぁぁぁ!!!」なんて元気になる季節ですね(笑)

でも忘れちゃいけないのが”宿題”ですよっ!!!w

宿題の中でも私が1番嫌いだったのが『読書感想文』なんですが、どうですか?

本を読むのは良いとして、その感想文を原稿用紙に何枚分も書かないといけないのが苦痛で仕方ありませんでした(笑)

全部読み終わってからだと内容を忘れちゃって満足に書けなかったり…w

ということで今回は、読書感想文の書き方のコツや書き出し・簡単に書ける方法なども探っていきたいと思います♪

「スポンサーリンク」

そもそも読書感想文って必要?w

学校によって違うかもしれないんですが、はっきり言ってしまうと「あまり意味はない」そうです(笑)

でも、本を読んでその感想を自分で書くことによって文章力が上がるのは確かですよね!

読書感想文をきっかけに本を好きになってもらおう!ということも考えてるみたいなんですけど、実際には好きになるどころかますます嫌いになっちゃう子の方が多いですw

しっかりと書くことに越したことはないんですが、たいてい「毎年やってることだし…」とかいう理由らしいので、かしこまって丁寧すぎるほどに頑張る必要はないってことですね☆

あとは、自分で自分の感想を書くことによって、自分の思いを認識できるから良いとのことです!

「読書感想文って書く必要あるのか?!」って聞かれたら「う~ん…」って感じですが、学校から出された宿題ならしっかりやりましょうね(*´з`)w

書き出しについて

読書感想文をやろう!って意気込んでみたはいいものの、書き出しで迷っちゃって全然進まない!なんてことはありませんか?

そんなに考えすぎなくても、意外とすんなり書けちゃうんですよ!(^O^)

まず、あなたがその本を選んだきっかけを考えてみましょう

「どうして私がこの本を選んだのかというと…」という感じで書き始めると、すらすら書けるので書き出しで迷うことがなくなります(#^.^#)

そうそう、本を選んだきっかけについてなんですが「本屋さんに行って、紹介文(POP)を見て惹かれたから」とか「なんとなくだけどタイトルが気になった」とか、簡単な説明でも大丈夫です!

大切なのは、自分がどう思ったかを書くことですからね♪

書き方のコツは?

書き方のコツとして言えることは、まず最初に上でお話ししたこと「この本を選んだきっかけ」を簡単にで良いので説明していきましょう!

書き出しで手が止まることがなければ、この後もすらすら書けてしまう可能性もあるので、自分が思ったことを素直に自分の言葉で書いていくのが良いと思います☆

ここまで言っといて何ですが(笑)わかりやすいように順番に箇条書きにしていきますね(^O^)

1、その本を選んだきっかけを書く

2、本を読んでみて思ったことを書く

3、その本を読んだことによって自分の気持ちがどう変わったのかを書く

4、最後に「私もこの主人公のように…」って感じで、今後自分がどうしたいのかを書く

っていうのが読書感想文の大まかな流れになります!

これをコツって言っていいのか?って聞かれたらアレですけど、大まかにでも流れを理解してしまえば書くのが難しくなくなるので覚えておきましょう(*‘ω‘ *)

簡単な方法があった…!

簡単な方法って言っても、本を読まずに!とかそういうことじゃなくて、ちゃんとしっかり本を読んだうえで、簡単に読書感想文を書いていくことができる方法をご紹介します☆

最初にお話しした通り、読書感想文って夏休みとか長期休みの定番って感じで、しっかりきっちりやらなきゃいけないとかそういうことはないんですよね(笑)

コンクールで良い賞をとりたい!とかがない限り、手抜きだったとしても先生に怒られることもないと思います(※先生によりますがw)

想像力が豊かで、文章も書けるのであれば”あらすじ”だけツラツラ~っと読んで、サクっと感想を書いていっちゃうのもありなんですが、そんな天才はこの世に少ししかいないと思います(;・∀・)

それで、読書感想文を簡単に終わらせる方法なんですが、まず選ぶ本に関しても重要な点があります!

課題図書の場合は仕方ないんですけど、どの本を選んでも良いなら「簡単に読めそうな本」を選ぶようにしましょう!

ハリーポッターとかダレンシャンみたいに映画とかやって有名だけど分厚くて文字が多い本は避けた方が無難ですね(笑)

映画と小説だと内容も多少違ってくるし、読書感想文を書く前に、読み終わって満足しちゃう可能性もありますので…www

で、あとは上記の”コツ”に書いてある順番通りに書き進めてみてください(^O^)

いつも苦痛だった読書感想文が、案外すんなり書けちゃいますよ♡

まとめ

読書感想文といえば「学生の敵!!!」って感じがしませんか?(笑)

でも、別にそんなにかしこまって書いて提出なんてしなくても大丈夫なんですよ!

読書感想文で行き詰ってしまわないように注意することは、大まかに2つだけ(^O^)

1、選ぶ本が重要

2、その本を読んだ感想を自分の言葉で表現する

後者に関しては、パッと見「難しいじゃん!」って思うかもしれませんが『~でした。』とか『スゴイトオモイマス。』って感じで堅苦しくしちゃうと憂鬱な気分になったりします(笑)

だから、自分の感想を自分の言葉で書く!ってことを頭の片隅に置いておきながら書いてみてください☆

あ…

「主人公まぢダサい!」とか「ちょーアリえないんですけどwww」とかはダメですよ!(笑)

ということで、今回お伝えしたかった内容は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました!