こんにちは!うさニャンです!

7月7日の夜に放送される「金スマ」で吉展ちゃん事件の特集がされるそうですね!

戦後最大の誘拐事件ということで、世間に衝撃を与えた事件なんだとか!

私は実際この事件を知らなかったんですが、ウィキペディアなどで事件の真相を調べてみたら、すごく怖い事件でした・・・。

普段何気なく幸せに暮らしている生活が、本当に突然奪われてしまうので、こういった犯罪は本当に許せないと個人的に思います!

 

今回は吉展ちゃん事件の犯人、小原保の生い立ちや家族、母親についてまとめてみました!

「スポンサーリンク」

小原保の生い立ちは?

福島県石川郡石川町の貧しい農家で育ったそうです。

11人兄弟の10番目に生まれたんだとか!

11人兄弟ってすごく多く聞こえますが、当時は子供がたくさんいる家は珍しくなかったそうですね~!

私の知り合いのお父さんも10人以上の姉弟がいると言っていて、一番上のお兄さんとは10歳以上年齢が離れていると言っていました!

今の時代じゃ考えられませんね!

今だと大家族で有名なのは、堀ちえみさんとかビッグダディこと林下清志さんくらいでしょうか?!

 

あかぎれが元で骨膜炎を患い、片足が不自由になったそうですね。

事件の犯人と特定されなかった理由の1つとして、片足が不自由だったことが挙げられたみたいですが、実際は割と早く歩くことが出来たそうで、犯行が可能だったみたいですね~。

中学卒業後、時計店で働いたみたいですが、給料の安さからブローカーに手を出してお金を稼いでいたみたいなんですが、バレてクビになってしまい、その後はヒモの様な生活を送ることもあったみたいです。

 

でも、ブローカー業で作った借金が返済できなくなってしまったみたいですね。

借金返済のために吉展ちゃんの誘拐を計画したそうです!

 

 

家族は?

家族は11人の兄弟がいるので父親と母親含め13人家族ということになりますね!

兄弟に姉がいるのかはわかりませんが、調べたところでは「兄弟」という書き方だったので、姉はいないんでしょうかね?

でも、11人いれば一人くらいは女の子が産まれても不思議ではないですし、逆に男の子ばかりのほうが可能性は低いので姉がいる可能性も高いと思います!

 

後に、実の兄がインタビューに応えていました!

昼間からやけ酒をしていたそうで、吉展ちゃんの事件で周りから相当責められて自暴自棄になっていた可能性もあるかもしれないですね!

現在のようにネットが発達していれば、すぐに住所は特定されてネットにあることないこと書かれてしまいますが、この時代はどんな感じだったんでしょうかね?

 

小原保の出身は村ということですし、町内同士のつながりは深かったと思うので、自分が悪いことをしていなくても、親族が犯罪を犯せば済みにくくなったんじゃないんでしょうか?

兄は「保がやったこたあ、とても普通の道徳ではできないことだ。まともな人間にできるこっちゃねぇ」と語っていたそうです!

酷いことを言うようですが、犯行の内容を知っていれば、そう思うと思いますね~。

 

ちなみに冤罪の可能性も噂されているみたいですが、証拠などから見て小原保が犯人であることは確定みたいですね!

 

小原保の母親のその後は?

小原保の母親なんですが、連日自宅に押し掛けるマスコミ1人1人の前で「申し訳ないことをしてしまいました」と土下座をして謝罪をしていたそうです。

加害者や被害者の自宅に押しかけるマスコミのやり方は今も昔も変わっていないんですね・・・。

小原保の刑が執行されると決まってから、「母ちゃんが先に行って待っていてやるから」

と自ら命を絶ったそうです。

 

自分の息子ですから小原保への想いは相当強かったとは思うんですが、同時に世間の目に晒されて、マスコミには自宅に押し掛けられて耐えきれなくなってしまったのかもしれないですね・・・。

 

今回の事件はお金が目的の犯行でしたが、お金のためだけに勝手に幸せな日常を奪われた被害者側の家族と、実の母親にこれほどまでの決断をさせたのですから、当然誰も幸せにはなれませんよね。

こういった事件が二度と起こらないことを祈るばかりです!

 

まとめ

小原保は11人兄弟の10番目として生まれ、貧乏な暮らしをしてきたそうです!

時計店で働いていましたが、ブローカーをしていたことがバレてクビになり、借金を作り吉展ちゃんの身代金で返済したそうです。

小原保の母親は、息子よりも先に自ら命を絶ちました。

こういった事件がもう二度と起こらない世の中になってほしいと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました!