「名古屋港水族館でデートしよう!」ってなって”デートプランはコレ!”みたいなサイトを見て「完璧だ♪」ってなってませんか?

水族館のイベントはホームページを見れば新しい情報を得られるから良いんですが、周辺のお店などは最新のものを見ないと現地に行ってから「調べたことと違うじゃん(◎_◎;)」というふうになってしまいます。

大切な人と楽しみたいからって調べた結果、調べたことと違っていたら悲しいですよね?

しっかりデートプランを立てて思いっきり楽しみたいなら、ちゃんと今年の情報を得るようにしましょう!

ということで今回は、2017年版の名古屋港水族館とその周辺のデートプランを考えてみました♪

私が「いいな♡」と思うデートプランなので「必ず成功するよ!!!」とは言い切れませんが、お役に立てれば幸いです(;’∀’)

「スポンサーリンク」

名古屋港水族館のデートプラン

海とか川って癒されるし、泳いでる魚も見ているだけで穏やかな気持ちになりますよね♪

水族館は屋内なので雨が降っても濡れる心配がないからデートプランが台無しになってしまうことがありません\(^o^)/

あと、明る過ぎないし暗すぎないくらいのいい感じの照明だからちょっとロマンチックですよね♡

ちょうどいい暗さなので、2人きりだと私は手とか繋ぎたくなっちゃいます((ノェ`*)っ))タシタシ←

名古屋港水族館に入れば進む方向などの案内があるので、2人でゆっくり過ごすことができます。

混雑していないときに行くことができれば本当にゆっくり過ごせるので、優雅に泳いでる魚を見ながら記念に写真なんか撮ったりしたら良い思い出になりますね(*ノωノ)

イベントは時期によって変わってくるので、当日に彼女(彼氏)と相談して参加するのが楽しいと思います!

事前に確認しておきたい場合は名古屋港水族館のHPを見ておくと良いですね☆

名古屋港水族館の公式HP

あと、名古屋港水族館の中のレストランがすごいんですよ(◎_◎)

2つあるんですが、水槽で泳いでる魚を見ながら食事をするか、名古屋港の海を一望しながら食事をするかが選べます!

水槽の方はハンバーグやステーキもあって、グランドメニューで1番高いのが1,680円ってリーズナブルで良心的ですよね♪

要チェックポイント!

名古屋港水族館 デートプラン 周辺 食事

初めてのデートとかだと、トイレに行くことすら恥ずかしいと思ってしまうので、あなたがトイレに行きたくなかったとしても「ちょっとトイレ行ってくるね」ということで相手も行きやすくなります!

行き過ぎると『トイレばっかり行くんだな~』なんて勘違いされてしまう可能性があるので気を付けてくださいね(;^ω^)

魚とか見てるときでも、さりげなく見やすい位置に誘導してくれると嬉しいですね♪

あと私的にキュンとするのが、帰り道にお土産を渡されることです!!!

知らない間にお土産を買っておいてくれて、帰りにさりげなく「そういえば…」なんて感じで渡されたらやばいです((ノェ`*)っ))タシタシ

こんな感じの、本当にさりげない気づかいが大切ですよね!

周辺で食事するなら?

雰囲気を大切にしたいなら名古屋港水族館の中のレストランで食べることをおすすめしますが「水族館の他にも行きたいかな~」なんて場合は外で食べたいですよね!

でもまずは、相手の好みを把握しておかないとだめですよ( ..)φメモメモ

何も聞かずに決めてしまうと「魚介類が苦手で…」みたいな感じに気まずくなっちゃう可能性があります(-_-;)

そうなってしまったら、せっかくのデートプランが台無しですよね(~_~;)

なので、まず第一に”相手の好き嫌いを把握しておく”ということを忘れないでください!

あらかじめ聞いておくことでお店とかも決めやすくなりますしね☆

名古屋港の駅の近くにはそこそこお店があるので、チェックしておきましょう。

名古屋港水族館の周辺のお店一覧

まとめ

デートプランはコレ!みたいな記事を読んでデートプランを立てる場合は、最新のモノを読まないと情報が変わってしまってることがあるので要注意!!!

名古屋港水族館でデートを考えてるなら、進む順番は案内してもらえるから、イルカショーに行くタイミングは彼氏(彼女)と相談して決めると2人ともが楽しめます♡

事前にイベント情報を確認しておきたい場合は、公式のHPで見ておくのが良いですね(*‘ω‘ *)

食事に関しては、名古屋港水族館の中で食べるとしたら1人2,000円あればじゅうぶんです☆

レストラン内に大きな水槽があるので、泳いでる魚を鑑賞品がら食事することが出来ます。

もう1つのお店では、名古屋港を一望しながら食事ができるので、どっちにしても雰囲気は最高です♡

名古屋港水族館の周辺で食事を考えているなら、それも最新の情報を見るようにしましょう!

でもまずは、相手の好き嫌いを聞いてからですね(‘◇’)ゞ

 

今回お伝えしたかった内容は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました!