ガイアの夜明けで、パン工房豆の木の店主「泊伸一郎」さんが特集されますね!

2016年に熊本県で大規模な地震がありましたが、観光地の阿蘇に再びお客さんを呼び込むために、色々な素行錯誤をしているようですね!

熊本は去年の大規模な地震が来るまで、大きな地震が来ていなかったらしく予測もされていませんでしたよね!

私の親戚も熊本に住んでいたので、他人事は思えませんでした…。

今回はガイアの夜明けで、復興に取り組む姿が放送されるそうなので、こういうときこそメディアのチカラで復興支援をしていってほしいものですね!

ということで、今回は泊伸一郎さんの経歴や年収・大学は?家族や結婚等プロフィールについてまとめています!

「スポンサーリンク」

泊伸一郎の出身大学などの経歴は?

詳しい経歴は載っていませんでした(。-_-。)

でも、20代前半からパン作りを始めたみたいですね!

元々は福岡でパン屋さんをやっていたみたいなんですが、「空気も水もおいしい場所がいい」という理由から、阿蘇に移り住んでパン屋さんを始めたんだそうな!

やっぱりこだわりがあるからこそ、たくさんの人に愛されるパンが作れるんでしょうね!

福岡に住んでいたということは、おそらく福岡の大学か高校に通っていた可能性が高いですね!

そして過去のブログを見ていたところ、パン屋を始めて30年くらいは経っているようです(*’ω’*)

本当にパン屋一筋でやってきたんですね!

震災以前は、熊本県以外からのお客さんが多く、とても大人気だったパン屋さんだったんですが、震災以降は客足がグッと減っているみたいです…。

そして震災当初は店の売り上げが4分の1まで落ち込んでいたらしいですね。

さすがに今は1年前と比べると復興も進んできたので、少しは回復しているとは思いますが、震災前の売り上げに、簡単には戻らないんでしょうね!

ガイアの夜明けでは、観光客向けに日持ちのするパンを作ることに挑戦する姿が放送されるようですね!

泊伸一郎の家族や結婚は?

子供がいるそうなので、たぶん結婚はしているでしょう!

なんと家族は6人もいるそうですね!

なので、奥さんと子供4人ってことだと思います(^^)/

今の時代に子供4人って聞くとなかなか多く聞こえますね~!

震災直後は店の売り上げが激減しましたと同時に、家が倒壊する危険性もあったみたいですね…。

なので、庭先にテントを張って寝ていたみたいです。

そして今まで繁盛していたお店が激減して、家族もいるってなると絶望してしまう人も多いと思うんですが、泊りさんは

「みんなで励まし合って頑張っていかなきゃいけない」と語ったそうです。

子供を抱いていたらしく、さらに子供がお金を稼いでいないみたいなので、全員まだ小さい子供なのでしょうね!

でも20代前半からパン職人として働いて、そろそろ30年近くなるようなので、泊さんの年齢は一体何歳のでしょうか!?

この計算で行くと、若くても50前半ということになりますが、上の子もまだ働くような年齢ではないでしょうし、気になります!

情報が入ったら追記しますね!

年収は?

年収に関しては載っていなかったんですが、泊さんは豆の木の店主ですし、大人気のパン屋だったそうなので、震災前はけっこう収入が良かった可能性がありますね!

でも、泊さんのようなタイプ(顔を見た感じですが…)だと利益よりも、お客さんのためを思ってパンを作ってそうな気もするんですよね♪

店が営業できる分の利益はしっかり取るのは当たり前ですが、そこまで設けずにお客さんに還元していることも考えられますよね(^^)/

といっても、庭でテントを張って寝れるというのは、持ち家でないとなかなか難しいと思います!

子供もいますし、泊さんを入れて6人家族という、けっこうな大所帯なので稼ぎが悪いと食べていけませんよね(。-_-。)

持ち家で庭付きとなるとそこそこ広いと思いますし、子供たちを育てていくのは大変だと思うので年収は600万円~1000万円とかでしょうか?

あんまりこういう分野得意じゃないので、全然違う場合もありますw

すいませんm(_ _)m

まとめ

震災により甚大に被害を被った熊本県ですが、震災直後とかの被害の状況には触れられるんですけど、なかなか復興状況に関して取り上げる番組も少ないんですよね(。-_-。)

まだまだ私たちの知らない熊本の状況がたくさんあると思います!

メディアの力を使って、こういう風に取り上げることも、一つの復興支援に繋がることじゃないかと私は思いますね!

泊さんのように、震災にも負けずに懸命に生きるのって絶対大変だと思いますし、私にはできないかもしれません!

お近くに行かれた際は、ぜひパン工房「豆の木」で、パンを購入してみてはいかがでしょうか♪

最後まで読んでいただきありがとうございました!