こんにちは!うさニャンです♡

 

暑かった夏が過ぎ、急激に気温が下がってきました。近年は秋と春の時間が短くなってきているようで、

あっという間に冬になってしまうような気がしてならないですね(>_<)

 

さてそんな今回は、冬、特に雪国では欠かせないスタッドレスタイヤについて、お伝えできればと思います!

 

私はあんまり雪の降らない地域に住んでいるんですが、それでも年に1度くらい雪が降るので

スタッドレスタイヤは必須ですね(ΦωΦ)

 

雪が降っている中はあまり出かけないようにしますが

どうしても外せない予定や、仕事なんかの時は、車を運転せざるおえないですからね(。-_-。)

 

今回は性能の高いスタッドレスタイヤから、お財布に優しいものまでということで

スタッドレスタイヤの価格の相場2017まとめと

性能や値段の比較もしていきたいと思います!

「スポンサーリンク」

スタッドレスタイヤ・性能重視方向け

一口にスタッドレスタイヤといっても、それぞれメーカーや種類によって、性能が大きく変わります。

大きく分けると【氷上性能・雪上性能・燃費性能】の三点。

 

お住まいの地域の路面状況に応じて、適したタイヤを使うことで、パフォーマンスは大きく変わります!!

それでは、各性能に対して、おすすめのタイヤをご紹介したいと思います。

 

【氷上性能】

おすすめタイヤ:BLIZZAK VRX2 ブリザック ブイアールエックス2

 

ブリヂストンから出ている2017年の最新モデルタイヤ。

新型のゴム素材を用いており、氷上、雪上、共によく曲がり、よく止まります。

また、今回のタイヤでは、ただ氷の上を走れるだけではなく、快適に走ることにも熱を入れており、

静音性が高くなり、快適性の大きな向上を遂げています。

 

北海道での装着率が15年以上No,1という信頼感も選ばれる理由ですね!

 

【雪上性能】

おすすめタイヤ:ICE NAVI 7 アイスナビ セブン

 

氷上に比べ、比較的普通のタイヤでも走れてしまう雪上ですが、専用のタイヤを履くのと履かないのでは、

車の燃費やタイヤの消耗に予想以上に大きな影響を及ぼします。

 

そんな雪上走行の際におすすめするのは、グッドイヤーという会社が発売したアイスナビというタイヤです。

こちらの会社のスタッドレスタイヤは、特に雪上走行に力を入れており、特徴的なトレッドパターン(タイヤの模様)により、

雪を確実に掴み走行することが可能です。

 

また、このタイヤでは、近年数が減りつつある左右対称のトレッドパターンを採用しており、

片側が摩耗した際には、入れ替えることで通常のタイヤよりも長く使うことができます!

 

性能、コスパの両面でオススメできるいいタイヤだと思います!

 

【燃費性能】

おすすめタイヤ:iceGUARD6 アイスガード6プラス

 

こちらも大手、ヨコハマタイヤの2017年モデルのこちらのタイヤは、年々性能を向上させていることで有名なシリーズ物のタイヤで、

今年度のモデルでは、氷上、雪上まどの性能向上はもちろん、燃費性能の向上に力を入れています。

従来のタイヤでは、どうしても通常タイヤに比べ燃費が劣っていたスタッドレスタイヤですが、今作は通常のタイヤの燃費よりもさらに向上させ、

なんと低燃費タイヤと同等の燃費を誇っています!

 

これは、他社にタイヤに比べ大きな利点で、長距離のドライブなどを考えている方はぜひこちらのタイヤを考えてきてください!

 

スタッドレスタイヤの値段の違いは……?

 

今まで紹介した3種類について、価格はどのくらい違うのでしょう。

価格は下記のとおりです!

 

■BLIZZAK VRX2 ブリザック ブイアールエックス2 :35,424円

■ICE NAVI 7 アイスナビ セブン         :16,800円

■iceGUARD6 アイスガード6プラス         :11,490円

 

こう見ると、やはりブリヂストンのタイヤだけ頭ひとつ出ているのが見て取れますね。

スタッドレスタイヤの相場は1万円〜3万円と言われており、後半二つのタイヤは安価〜普通位に分類されるものでしょう。

 

価格の高いものには、高いなりの理由があり、安いには安いなりの弱点があったりします。

タイヤを選ぶときには、実際に店員さんにどこに行くのかを話して相談するなど、目的に応じたタイヤ選びが非常に重要です!

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回はスタッドレスタイヤの相場や価格、性能の比較についてお伝えさせていただきました。

 

年々性能を上げているスタッドレスタイヤ、これからも性能の進化には注目する必要がありそうです!

価格や性能などを比較して、自分に合った良いスタッドレスタイヤを履いて良い冬をお過ごしください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!!