今年の24時間テレビは、通算で43回目を迎えました。

この歴史ある番組は、8月22、23日に放映されますが、メインパーソナリティーにV6の井ノ原快彦さんが選ばれました。

今回、井ノ原さんがなぜメインパーソナリティーに選ばれたのか、理由について「V6全体の功績にある」のでないかと推測しています。

メインパーソナリティーに選ばれた「井ノ原快彦さんのプロフィール」

イノッチ

出典元 芸能お金図鑑

・1976年(昭和51年)5月17日生まれの44歳

・ジャニーズ事務所所属 グループ名「V6」

・2007年9月に女優の瀬戸朝香と結婚し、現在は2児のパパ

・現在は、TV、舞台、CMなど幅広く活躍中

・愛称は「イノッチ」

 

ジャニーズ時代からどんどん活動の場を広げ、現在はTVのみにとどまらず、舞台やMCなどもこなしているマルチ芸能人です。

家族も増えて今後の活躍にも期待が高まっています!

性格は穏やかで、NHKの「あさイチ」で有働キャスターとメインキャストを担っていたさわやかな笑顔がとやりとりが同番組を支えたのは記憶に新しいですね。

井ノ原快彦さん含め、24時間テレビのパーソナリティに選ばれた5人とは?

以下の通りとなっています。

ソース画像を表示

 

出典元 @niftyニュース

・井ノ原快彦:V6のMC役 長らくグループを支えています。

・増田貴久(NEWS):人気ユニット「テゴマス」で活躍

・北山宏光(kis-my-ft2):藤ヶ谷さん、玉森さんと並ぶkis-my-ft2の主要メンバーの1人

・重岡大毅(ジャニーズWEST):ドラマ「知らなくていいこと」での演技で一躍人気者へ

・岸優太(king&prince):日本テレビ系ドラマ「仮面ティーチャー」で活躍

 

この5人は全員「愛される」資質をもっていると言えますね。今年の24時間テレビでのメインパーソナリティーへの起用も頷けますね。

24時間テレビのメインパーソナリティーに選ばれた理由とは?

それでは、24時間TVに井ノ原さんが選ばれた理由は何なのかについて述べますと、

 

・長らくV6のMCとして、グループを支えてきた実績

・女優瀬戸朝香さんとの結婚と2児の父である

・NHKにも起用されもはや全国区の人物

 

以上の3点が挙げられます。

これを深掘りしていきます。

井ノ原快彦さんがメインパーソナリティーに抜擢された理由はV6の功績にある?!

井ノ原さんは長らくV6というグループで活動してきましたが、このV6は他のジャニーズと違って、不祥事が全く起きていません。

他のジャニーズ、スマップでは草薙さんや稲垣さんの不祥事があったり、TOKIOでは山口さんが不祥事でグループの脱退もありました。

 

 

コンプライアンスに何かと厳しい世の中にあって、そういった不祥事が起きると社会的なイメージも当然悪くなります。

ジャニーズ所属のメンバーが続々と不祥事を起こす中、V6はそういったことが全くおこりません。

これは、V6の中心にいるリーダー坂本さんの功績と言えますが、井ノ原さんも各メンバーの調整役として、グループを支えてきたからだと言えますね。

瀬戸明香さんとの結婚・その後・・・

女優の瀬戸朝香さんとの結婚したのは、2007年になりますが、子宝にも恵まれ、結婚生活も順風満帆と言えそうです。

芸能界はとにかく、結婚・離婚が激しいですが、そんな中でもそういった噂を聞かない井ノ原さんは、イメージ通りの穏やかなパパだと言えるでしょう。

そういった実績や人柄が評価され、NHK「あさイチ」のメインキャスターに起用されましたが、有働キャスターとのやりとりもスムーズで、NHKの朝の顔としても期待通り、十分活躍してくれました。

こういった実績は、

コンプライアンスをしっかり守れる誠実さ、そしてメンバーを支えてまとめる力が井ノ原さんにあってこそ成し遂げられたと言えるのではないでしょうか。

24時間メインパーソナリティーに選ばれたイノッチの今後の活躍の期待と予想

今から約1年前のスポーツ報知の取材で、今後の活動について問われた際に、

「1番を目指すのではなくて、横という考え方を意識しみんなで頑張る」

という主旨の発言をされています。

井ノ原さんの人柄を感じさせる文言ですが、この発言から、令和ではマルチにTVだけでなく活躍してくれるのではないでしょうか。

V6メンバーである坂本さん、長野さんとの「20th century」という舞台での活動の幅を広げてくれるかもしれませんね。

他メンバーの岡田さんや、森田さん、三宅さんとドラマで共演する可能性も考えられます。

実際に2020年、『V6の愛なんだ2020』が放映されることが決定しているので、今年もイノッチはじめV6の面々が活躍してくれそうです!

現在はyoutubeでの芸能人の活躍が著しくV6も公式チャンネルをもってくれることを個人的に期待しています(笑)

又、過去の有名な番組「学校へ行こう」は以前MCとしてV6がやっていました。

この番組は学校の屋上からその学校の生徒さんが告白を行い、V6の各メンバーがその告白の応援をするという場面があり、バラエティ番組として人気を誇っていました。

令和の時代の学校は、その時とは違っていると思いますが、ぜひ令和版の「学校へ行こう」をTVでもいいですし、youtubeでもいいのでやってほしいですね。

新型コロナウイルスで学校も苦しいですが、ぜひ現在の子供たちをイノッチ率いるV6のパワーで元気にしてほしいです。

40代中盤に差し掛かるイノッチですが、令和もまだまだ活躍してほしい芸能人の1人と言えますね。