山口県にある下松工業高校の男性教諭(40歳)が生徒に対してバリカンで丸刈りにするなどをしたとしてニュースになっています。

クラスの生徒40人全員と保護者が2月に同県教育委員会に同教諭を懲戒免職にするよう嘆願書を出していたとのことなんですが、なんだかとんでもないニュースですよね。

今回は、バリカンで生徒の頭を丸刈りにした下松工業高校の男性教諭について調査していきたいと思います。

Sponsored Link

下松工業高校のバリカン丸刈り教諭の名前や顔画像が特定?

男性教諭は18年秋、当該男子生徒の頭をバリカンで丸刈りにした上「病院に行け」などと言い、その後、生徒は同12月に学校を休んだという。高橋等校長(57)は、日刊スポーツの取材に「バリカンで生徒の髪を切ったのは事実。教諭からも『髪が長いから切りました』と報告があった」と認めた。その上で「生徒が休んだ理由の1つに(バリカンで髪を切ったことが)あるかもしれない」と語った。

県教委の関係者も、嘆願書が提出された事実を認めた上で「一般論として、了承を得ずに髪を無理矢理切ったなら体罰」と言及した。それを受け、高橋校長は「なぜ切ったかは現状はっきりしておらず、県教委が生徒にヒアリングを行っています」と、当該教諭が生徒の了承を得て髪を切ったか否かは調査中だとした。

当該教諭には、以前から生徒に「ボケ」「アホ」「バカ」などと乱暴な言動を浴びせるという情報が学校に寄せられていたという。そのため、高橋校長は18年12月に当該教諭に対し「事実か分からないが、もし子どもたちにそういうことを言っているなら改めなければならない。(クラス)全体がいる中で『病院に行け』などという言葉はいけない」などと指導したという。

引用元:日経スポーツ

今回のこのニュースは、様々なところから報道されていますが、どこを見ても名前や顔画像などは公表していませんでした。

ただ、世間がワッと驚いたニュースでもあるので、今後この教諭の名前や顔画像が公開される可能性も考えられます。

クラスの生徒40人全員と保護者が嘆願書を出した理由

学校によると、男性教諭は1年生の担任。受け持ちクラスの生徒に「ぼけ」「あほ」などと不適切な発言を繰り返し、男子生徒1人の頭髪を丸刈りにするなどした。

学校が事案を把握した昨年12月、教諭は生徒や保護者に謝罪。しかし、担任クラスの全生徒40人と保護者39人は「担任との関係で生徒がストレスを感じている」と訴え、教諭の懲戒免職を求める嘆願書(2月26日付)を県教委に提出した。

引用元:読売新聞

下松工業高校のこのクラスの雰囲気などがどんな感じなのかはわかりませんが、自分が受け持っている生徒に対して不適切な発言を繰り返したり、ましてやバリカンを使って丸刈りにするなんて有り得ないことだと思います。

もし私が丸刈りにされてしまった生徒さんのクラスメイトだったとしたら、何も躊躇することなく嘆願書の提出に協力しますし、保護者だったとしても結果は同じです。

バリカン丸刈り教諭は懲戒免職確定?

懲戒免職を求めるための嘆願書が提出されたとのことですが、これだけの騒ぎになってしまったら懲戒免職からは逃れられないのではないでしょうか?

丸刈りにされてしまった生徒さんと保護者さんだけでなく、クラスメイトとその保護者さんほぼ全員、この教諭の懲戒免職を求めているわけなので、自業自得というか、もうあらがうこともできないと思います。

Sponsored Link