保育士の照井津久美さんが命を奪われた事件で、やっと犯人が逮捕され安心したのもつかの間。

犯人として逮捕された松岡佑輔容疑者は犯行を否定してます・・・

そんな松岡佑輔容疑者の顔画像は公表されていますが、動機についてはいまだに公表されていません。

今回は松岡佑輔容疑者について調査していこうと思います。

Sponsored Link

松岡佑輔容疑者の顔画像や生い立ちについて

色々なメディアで公開されている松岡佑輔容疑者の顔画像がこちら↓

松岡容疑者は、捜査本部が置かれている荻窪署を出る際に報道陣に一瞬視線を向けたが、表情を変えることなく車に乗り込んだ。

引用元:毎日新聞社

松岡佑輔容疑者は、被害者である照井津久美さんとは同僚だったと言われています。

それでは、松岡佑輔容疑者の生い立ちなどに迫ってみましょう。

松岡佑輔容疑者の生い立ち

名前:松岡佑輔(まつおかゆうすけ)

年齢:31歳

住所:東京都杉並区井草1丁目

職業:保育士

松岡佑輔容疑者の動機は何だったのか

東京都杉並区下井草で住人の保育士、照井津久美(つぐみ)さん(32)が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された松岡佑輔容疑者(31)は事件後、ベランダからおびえた表情で周囲をうかがう様子を見せていた。6年ほど前から照井さんと同じ乳児院に勤務していたが、2人は交際しておらず、職場でも目立ったトラブルはなかった。2人の間に一体何があったのか。

松岡容疑者は31日、送検のため捜査本部が置かれた荻窪署から出る際、表情を変えることなく警察車両に乗り込んだ。一方、2人が勤務していた杉並区内の乳児院では、午前中から捜査員が関係者から事情を聴いた。

乳児院の門扉には「報道関係者の立ち入りは一切お断りいたします」と書かれた紙が貼られ、時折出入りする職員も問いかけには無言のままだった。敷地内では、ボール遊びをする子供たちの声が響いていた。

「おどおどした感じで、アパートの外をきょろきょろと見渡していた」。松岡容疑者の自宅がある2階建てアパートの住人男性(19)は事件後、ベランダの窓から上半身を乗り出し、周囲を警戒するような松岡容疑者の姿を目撃していた。

アパート1階の松岡容疑者方のベランダには、菓子の袋や紙くずなどのごみが放置されており、男性は「ベランダ越しに部屋の中も見えたが、足の踏み場もないくらい物が散乱していた」と話した。

夜間に松岡容疑者の部屋から大きな話し声や、ドタドタと歩き回るような物音が聞こえることが事件前から週に数回あったという。男性は「まさか事件に関係しているとは思わなかった。ただただ怖い」と話した。

引用元:産経新聞

今回の事件の動機に関しての詳細は、今のところまだ公表されていません。

公表されていないだけなのか、松岡佑輔容疑者がまだ何も話していないのか、その辺についてもわかっていませんが、犯人として逮捕されたわけなので自供するのも時間の問題なのではないでしょうか?

照井津久美さんへのストーカー疑惑と事件の真相とは

捜査関係者への取材で、照井さん方周辺の防犯カメラには、事件前日の25日夜、松岡容疑者とみられる不審な男が現場のアパート周辺をうろつく様子が写っていたことが判明。捜査本部は、25日から26日にかけて夜勤だった照井さんの勤務状況を把握した上で、夜間の不在を狙って照井さん方に侵入したとみている。

引用元:産経新聞

今回の事件には謎が多く、松岡佑輔容疑者は照井津久美さんの自宅に侵入する際“空き巣”と同じような手口を使ったと言われています。

ただ、先ほどの引用文にもあった通り、松岡佑輔容疑者と照井津久美さんとの間に目立ったトラブルは無かったと職場の人は話しているようで、詳しいことはまだ何もわかっていないんですよね。

交際をしているという事実も今のところはないようなので、事件の真相についても今後色々と発覚してくると思います。

Sponsored Link