東洋大学の中川圭太(なかがわ・けいた)さんが

ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう』で取り上げられますね。

 

中川圭太さんと母親の思い出や

母親が付いていたたった一つの嘘とは?

 

離婚した父親や、兄弟はどんな人なのか

PL野球部廃部の事件とは何なのか?についてもまとめました。

Sponsored Link

中川圭太(東洋大学)の経歴や身長体重などwikiプロフィール

名前:中川圭太(なかがわ けいた)
生年月日:1996年4月12日
年齢:22歳
出身地:大阪府阪南市
出身高校:PL学園
身長:180cm
体重:75kg

中川圭太さんは、尾崎小1年から尾崎ボーイズで野球を始め

尾崎中時代は泉佐野リトルシニアに所属していました。

 

進学した高校のPL学園では1年生の秋から背番号3でベンチ入りも果たしています。

 

ただ、後述するPL学園廃部の危機となる事件が起こり

春夏の出場を辞退しました。

 

甲子園経験は無いようですが、視察に訪れた日ハムスカウトから評価をされていたそうです。

 

さらに、4年間で計109安打31長打を記録するなど、ミート力がスカウトから高評価を獲得しているそうですね!

前監督の高橋昭雄さんから、『OBの今岡真訪(阪神)を超える存在』として期待されています。

 

ドラフトの結果がとても楽しみな選手ですね!

 

ちなみに同番組に出演する他の選手もまとめていますので

よかったら読んでくださいね〜!

平尾奎太(けいた)は病気のIgA腎症を母親や父親の健二と克服!ドラフトは?

渡辺佳明(明治大学)は祖父・元智が父親代わり?母親の元美が寮母で美人

中川圭太の母親と父親(両親)が離婚で母子家庭に

経歴だけを見ると、中川圭太さんは華やかに見える部分もありますが

実は中川圭太さんが4歳の頃に両親が離婚し、母子家庭となってしまったそうです。

父親はどんな人?

中川圭太さんの父親はどのような方なのでしょうか?

調べてみましたが、4歳で離婚しているからか

名前や画像などの情報はありませんでした。

母親は苦労人で優しい?

父親と離婚した母親は、母子家庭となってしまったため

経済状況はかなり苦しかったそうです。

ですが、女手一つで必死に働き、圭太さんを育ててきました。

 

ある時、中川圭太さんは

自分が野球をしていることで家計に重い負担をかけていることに

気づいてしまったそうです。

 

その結果、中川圭太さんは野球を辞めることを決意しました。

 

ですが、おそらく母親がたった一つの嘘をついて

中川圭太さんは野球を続ける決心をしたのではないかと思います。

母親の13年間の『たった一つの嘘』とは?

母親が付いた、たった一つの嘘とは何なのでしょうか?

 

現在のところは放送されていないのでわかりませんが、事前の情報を見る限り

お金の面で苦労させたくない、と野球を辞める決断をした

圭太さんに心配をかけないように嘘を付いたのではないかと思います。

 

何だか、書いているだけで涙が出そうです・・・。

嘘の内容は違う可能性は十分ありますが、どのような嘘にしても

息子を愛するあまり付いた嘘とのことなので涙なしでは見れませんね。

 

・追記

母親が圭太さんに付いていた嘘は

夫(父親)と離婚していること

でした。

 

圭太さんは父親と食事などでたまに会っていたことから

仕事の都合上、父親が家にいないと思っていたようです。

 

なので、圭太さんは両親が離婚していることを全く気づいていなかったそうで

母親からの告白を聞いた時に頭が真っ白になったそうです。

 

でも、圭太さんは

ありがとう。

お母さんは嘘つきなんかじゃない。

苦労かけてごめんね。

俺、絶対プロになる。

というような言葉をお母さんに言いました。

 

この番組を見て、私はめっちゃ泣きました・・・。

兄弟はいる?

中川圭太さんに兄弟がいるのかどうか

気になっている方が多いようで、私も気になったので調べてみました。

 

調べてみたところ、ネット上に情報はありませんでした・・・。

 

基本的に、有名な選手に兄弟がいる場合

学生だったとしてもネット上に情報があるので

もしかしたら兄弟はいない可能性がありますね。

PL野球部廃部の事件とは?

中川圭太さんの高校はPL学園ですが、野球部廃部の危機となった事件とは?!

 

結構強烈な事件だったので、覚えている方も多いと思いますし

割と前の話なので忘れている方もいると思います。

 

野球の名門校として有名なPL学園ですが

中川圭太さんが2年生だった2013年の春に

3年生の2年生に対する暴力事件が発覚してしまいます。

 

PL学園野球部には6カ月の対外試合禁止処分が下り

当時の3年生は最後の夏を戦うことなく、野球部を引退することに。

 

ちなみに、お分かりかとは思いますが

当時2年生の中川圭太さんは暴力には関与していませんし

むしろ被害者です。

 

この事件をきっかけに、PL教団は野球部の監督を野球未経験者である

学園の校長にして、翌年の秋には新入部員の募集停止を発表しました。

 

そんな中、中川圭太さんはPL学園の主将となり

実質監督不在のPL学園を引っ張ってきたのです。

 

当時の心境について、中川さんは

「PLのユニフォームを着て野球がしたい、甲子園に出たいという気持ちで入学したのに、ユニフォームを着られない悔しさはあったし、何のためにここに来たのか、という思いは抱えていました。6カ月は長かった」
引用:https://toyokeizai.net/articles/-/233585?page=3

と語っています。

 

そんな中でも腐らずに

プロ野球選手になってお母さんを楽にしてあげたい

と頑張り続けてきた、中川圭太さん。

 

ドラフトが良い結果となるように願っています!

 

追記

オリックスが7位で指名しました!!!

ちなみに、ネットの意見を見ていると母親の薬指に指輪があったそうなので

今は再婚しているんでしょうかね?

ネットの反応

Sponsored Link