りんご娘のメンバーの王林さんの『天然が可愛い』と話題ですね!

最近は色々なアイドルが多い中、王林さんは頭一つ抜けた人気を誇っているんじゃないかと思います。

 

そんな王林さんですが、出身地は中国なのではないかと言われていて

中国人説があるようですね。

 

また、天然や訛りがわざとなのか?とも言われているようなので

今回はその真相に迫っていきたいと思います!

Sponsored Link

王林(りんご娘アイドル)の出身地は中国?

現在青森出身のご当地アイドルとして活躍する王林さんが注目を集めていますね。

 

名前だけ見ると中国人なの?と疑問を持つ方も多いかもしれませんが

実は『王林』は本名ではなく、リンゴの品種名からきている芸名なんです。

 

王林さんは青森を活性化させるために結成された

その名も「RINGOMUSUME」という青森出身の4人組アイドルグループに所属されています。

RINGOMUSUMEのメンバーは

JONAGOLD(ジョナゴールド)

OURIN(王林)

TOKI(とき)

SAIKA(彩香)

メンバーの名前はすべて青森のリンゴにちなんで名付けられています。

なんとも斬新なアイデアですね。

グループ自体は2000年に結成され、何度か交代を繰り返し、現在は7期生が活躍しているとのこと。

 

ちなみに王林さんは現在グループのリーダーを務めています。

王林(りんご娘アイドル)の本名は?

王林さんの名前は中国名ではなく、岩手のリンゴの名前ということがわかりましたが

では本名は何なの?と気になった方も多いはず。

 

ということで調べてみましたが

本名はイメージを崩さない様にということで残念ながら非公開にされているようです。

 

グループ全員非公開なのであくまでも青森リンゴのイメージを浸透させていきたい

という事務所の意向なのかもしれませんね。

 

まあ、とりあえず分かっていることは

彼女が津軽弁を話す生粋の日本人だということです。

さんま御殿の訛りや天然キャラはわざと?

王林さんが注目されるきっかけとなったのは、「踊る!さんま御殿!!」への出演を果たしたからなんです。

 

初登場にも関わらず、津軽訛りとそのド天然キャラでしっかりと爪痕を残していきました。

さんまさんからの問いかけには、アイドルらしい天然解答で返しスタジオ中を笑わせていました。

 

現在20歳という王林さんですが実は芸歴が既に10年近くあるそうです。

さんまさんを前に堂々と受け答えをしている姿からは、その芸歴の長さで培った度胸と愛嬌が垣間見えましたね。

 

一方、王林さんの方言に対し「わざとらしい」という声が上がっているようです。

芸能人、特に「かわいい」を売りにしているアイドルの場合だと

少なからずそういった意見が出てくることってありますよね。

 

RINGOMUSUMEの場合は普段のイベント活動やライブ等でも

青森訛りを積極的に使用していますので特にわざとということはなさそうです。

 

語学や方言って普段使用していないとイントネーションや発音を真似するのって結構難しいですよね。

 

それに青森の宣伝をするコンセプトがあるので

青森出身者以外はそもそもメンバーにならないのでは?と考えたりもします。

 

また、出身がみなさん青森なので少なくとも家族は方言で喋っていますもんね。

もしかしたら大物芸能人を前に緊張してしまったのかもしれません。

 

一方で、普段聞きなれない方言がかわいらしいといった声も出ています。

青森はRINGOMUSUMEをきっかけに津軽弁の知名度向上にも一役買いそうです。

まとめ

王林さんは名前だけ見ると、中国出身の中国人のようにも見えますが

実は純日本人ということがわかりましたね!

 

めちゃくちゃ可愛くて面白い王林さんの活躍で

RINGOMUSUMEと青森の知名度が

今後も良い方向に上がっていきそうです♪

Sponsored Link