高橋一生さんが連続ドラマ『僕らは奇跡でできている』に出演されますね!

 

高橋一生さんは大人の色気がありますし

顔もすごくイケメンですが、鼻の傷跡が気になるという声も多いようです・・・。

また整形の傷?と言われているようですが、果たして・・・!

 

ということで、今回は

高橋一生さんの鼻の傷は癌など病気なのか?

粉瘤の手術で激怒したのか?

病名や手術前の画像に関しても調査してみました。

Sponsored Link

高橋一生の鼻の傷跡は癌の腫瘍ではなく粉瘤!粉瘤は病気?

高橋一生さんは写真で見ると修正されていたりしてわからないですが

ドラマなどでは鼻に傷跡が残っていルノを確認できます。

 

この傷跡に対して癌の腫瘍があったのか?などの意見があるようですが

実は、鼻にできた粉瘤を手術した跡だと言われています。

高橋一生さんは2008年ごろから

連続ドラマ2本、映画1本、舞台3本など

芸能界で大活躍をし始めたのですが

その頃から鼻の右側にデキモノ(粉瘤)がありました。

 

高橋一生さんはデキモノ(粉瘤)が気になり

2008年の秋に病院に行くことに。

 

『すぐに手術して腫瘍を摘出する必要があります』と医師に診断をされ

鼻の内側ではなく表面からメスを入れる手術だったので、傷痕が残ってしまう可能性が大きかったとか。

 

無事に手術は成功しましたが、10年経った今でも

鼻の傷跡は消えずに残っていますね・・・。

 

ちなみに粉瘤というのは良性腫瘍のことですが

自然に治ることはないようで手術はしないといけなかったみたいですね。

高橋一生が鼻の傷に激怒?

高橋一生さんは鼻の傷に激怒したとも言われていますが

真相はどうなのでしょうか?

 

手術が失敗だったとも言われていますが

外側からの手術なので、傷跡が残ることは

高橋一生さんも覚悟の上の手術だったと思います。

 

なので、手術が失敗して傷跡が残った

というわけでもないでしょうしね。

 

とはいえ、テレビに頻繁に映る役者という仕事なので

役者生命に関わると、非常に悩んだようです。

 

役者だけに関わらず芸能人は見た目が命な部分が大きいので

鼻に傷跡が残るというのはすごくストレスだと思いますし

粉瘤に対しての怒りはすごかったのではないかと思いますね・・・。

 

私もスキンケアを怠ったが故に

肌が荒れていた時期もありますし

ニキビ跡が残っている箇所もあります。

 

思春期とか、デートの前日にできるニキビほど

憎たらしいものはないので、激怒してしまうのもわかりますね!

高橋一生が鼻を手術する前の画像は?

高橋一生さんが粉瘤を手術する前の鼻の画像を探してみました。

それがこちらです。

こちらは萎んだ状態なので、中の不純物?を絞った跡なのでしょうか?

 

鼻が腫れた状態でテレビに出演することも

できなかったと思いますからね〜。

 

でも、鼻の傷跡も含めて高橋一生さんなので

鼻の傷跡も、魅力の一つだと思いましょう!

Sponsored Link