ドラフト緊急特番お母さんありがとうで

天理大学の田中秀政さんが取り上げられました。

 

田中さんの母親のさゆりさんはすでに亡くなっているのですが

自身の病気を隠していました・・・。

 

涙なしでは見られない母と息子の感動の物語とは。

Sponsored Link

田中秀政のwikiプロフィール

名前:田中秀政
生年月日:1996年
高校:明徳義塾 (2012-2014)
大学:天理大 (2015-2018)

渡辺佳明(明治大学)は祖父・元智が父親代わり?母親の元美が寮母で美人!

平尾奎太(けいた)は病気のIgA腎症を母親や父親の健二と克服!ドラフトは?

中川圭太(東洋大)の母親の嘘に感動!父親や兄弟とPL野球部廃部の事件とは?

田中秀政の母親の死因の病気は?

田中秀政さんの母親のさゆりさんは、ある日足の腫れが気になるようになったそうです。

最初は気にしていなかったようですが、病院に行くことに。

 

病院の検査の結果、腎臓の病気であることが判明しました。

闘病生活の末に、母親のさゆりさんは2月14日のバレンタイデーに

56歳の若さで亡くなってしまいました。

 

さゆりさんは、亡くなる前に

天使が現れてる

秀政が帰る場所を守ってね

後はよろしくね

という言葉を父親(夫)に言っていたそうです。

病名は?

病名ですが『糖尿病腎症』という病名のようです。

 

母親のさゆりさんは『糖尿病腎症 』に加え

感染症を併発したため

左足の膝から下を切断しました。

 

その後には、右足も・・・。

 

そして、息子の政秀さんに病気を隠し続けた理由とは。

闘病を隠した理由

母親は体調が一向に良くならず不安でたまらない状態でしたが

田中秀政さんに心配をかけたくないと

重い病気になっていることを隠し続けました。

 

父親が『そろそろ秀政にも病気のことを言わないとな』と言いましたが

さゆりさんは『秀政に心配をかけたくないから絶対に言わないで』と言ったそうです。

 

足を切断したことさえも内緒にしていましたが

正月に秀政さんがお見舞いに来た時に告白したそうです。

 

自分も不安でたまらないのに

息子のためを思って、重い病気を隠し続けるなんて

さゆりさんは本当にすごいと思います。

 

私も見ていて、涙が止まりません・・・。

 

足を切断したことを秀政さんに告白はしましたが

『義足をつければ歩けるようになるから心配しないで!』と

なおも自分が命に関わる重い病気になっていることは隠し続けました。

 

なので、秀政さんはさゆりさんが亡くなってから

命に関わる病気だったことを知ったそうです。

ドラフトの結果は?

ネットの反応を見ていると、指名はされなかったそうです・・・。

 

私はドラフトの結果を見ていないので

わかりませんが、これから自分の目で確認したいと思います。

 

追記

インタビューが放送されましたが

残念ながらドラフト指名はされなかったようです。

でも、これから社会人として活躍して行くと思うので

今後のドラフトに期待しましょう。

ネットの反応

Sponsored Link