明治大学の渡辺佳明(わたなべ よしあき)さんが

ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう』で取り上げられますね。

 

渡辺佳明さんの祖父の元智さんは

横浜高校の監督で、あの松坂大輔を育てた名監督だそうですが

かなり壮絶な人生を歩んできたそうです。

 

さらに佳明さんの母親・渡辺元美さんは元寮母で美人だったことなど

今回は、渡辺佳明さんについて迫っていきたいと思います。

Sponsored Link

渡辺佳明(明治大学)の経歴や身長体重などwikiプロフィール!

引用:http://www.japan-baseball.jp/jp/profile/201704019.html

名前:渡辺佳明(わたなべ よしあき)
生年月日:1997年1月8日
年齢:21歳
出身:神奈川県横浜市
身長:179cm
体重:74kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:内野手
出身高校:横浜高校

渡辺佳明さんは六浦南小2年時に硬式野球を始め、富岡中では中本牧シニアでは二塁手を務めていました。

 

進学先の横浜高校1年生の秋から公式戦に出場し

正一塁手の座を獲得。

 

2年生の夏、3年生の春には甲子園にも出場し

全5試合では5番一塁手を務めました。

 

明治大学進学後も1年生の春からベンチ入り

1年生の時から合計13試合のスタメン出場を果たしています。

 

バットコントロールの良い左の好打者と知られていて

レフト方向への打撃が持ち味と評判です。

 

ちなみに同番組に出演する他の選手もまとめていますので

よかったら読んでくださいね〜!

平尾奎太(けいた)は病気のIgA腎症を母親や父親の健二と克服!ドラフトは?

中川圭太(東洋大)の母親の嘘に感動!父親や兄弟とPL野球部廃部の事件とは?

母親・渡辺元美は横浜高校の元寮母で画像が美人!

そんな渡辺佳明さんの母親はどのような人なのでしょうか。

 

調べてみたところ、母親は元美(もとみ)さんという方で

以前は横浜高校の寮母も務めていたそうです。

 

画像がこちら。

引用:https://www.townnews.co.jp/0110/2018/07/19/440773.html

21歳の子を持つ母親とは思えないほど

綺麗な女性です♪

 

渡辺元美さんが寮母になったきっかけですが

元美さんの母親も寮母だったそうで『休んでほしい』との思いで

26歳の頃から、寮母を手伝い始めたそうです。

 

ただ、元々料理が得意ではなかったようで、上手くいかない日々が続いたとか。

そんな渡辺元美さんですが、寮母として働きながら

専門学校へ通い栄養士の資格を33歳で取得しています。

 

寮母時代は時間がなかったことから、選手とのコミュニケーションを

ホワイトボードでしていたそうですが

約10年前に「甲子園、連れていきます!」と

ホワイトボードに選手たちからメッセージが書かれていたとか。

 

寮母を引退後に、20年間の寮母生活の区切りとして

同名の本を出版しています。

現在は、桜美林大学のアスリート寮で管理栄養士として働いているそうです!

父親と離婚。祖父の元智が父親代わりに

そんな渡辺家ですが、父親の話が一切ないので

なぜかと思ったら、両親は幼い頃に離婚しているそうです。

 

離婚してからは、祖父の元智(もとのり)さんが

父親代わりとなり、時には優しく、時には厳しく接してきたそうです。

 

そんな元智さんですが、実はかなりすごい方なんです。

渡辺佳明の祖父・元智は横浜高校の元監督!

引用:http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=059-20180223-01

渡辺元智(もとのり)さんは横浜高校の監督を長年勤め

横浜高校を強豪校に押し上げた偉大な人物です。

 

渡辺元智さんが指導した中で一番有名なのが

平成の怪物と呼ばれた松坂大輔さん。

 

松坂大輔さんの素質もかなり凄かったんではないかと思いますが

元智さんの指導があってこそでしょうね。

 

ちなみに、元智さんが指導した主な選手が以下です。

 

  • 青木実
  • 永川英植
  • 愛甲猛
  • 高橋建
  • 鈴木尚典
  • 紀田彰一
  • 多村仁志
  • 松井光介
  • 松坂大輔
  • 成瀬善久
  • 後藤武敏
  • 小池正晃
  • 荒波翔
  • 涌井秀章
  • 石川雄洋
  • 土屋健二
  • 倉本寿彦
  • 筒香嘉智

すごい人ばっかり・・・!

祖父・元智の壮絶な過去とは?

番組では元智さんが壮絶な人生を歩んできたとして

佳明さんだけではなく、元智さんの過去にもスポットが当たるそうです。

 

元智さんの壮絶な過去とは?!

 

渡辺元智さんは田中家の次男として生まれ

中学校卒業までは実の母の「田中」姓でだったとか。

 

その後、叔母の家系に養子縁組したため「渡辺」姓となりました。

当時神奈川県を代表する野球の強豪校でだった法政二高進学を目指して

入学試験に合格し入学しましたが、高額な学費を払うことができず、横浜高等学校に入学することに。

 

3番の中堅手として活躍し、2年次からは副将を務め上げましたが

慶応義塾・鎌倉学園・法政二高の壁が立ちはだかったため

最後の夏の県予選も県4強で全国大会には出場できなかったそうです。

高校卒業後神奈川大学に入学したましたが

右肩を壊したことで、野球部を退部し大学も中退してしまいます。

 

その後は民間企業に就職しましたが酒浸りの生活を送っていたとか。

横浜高校監督就任まで

恩師の笹尾さんの監督退任時、後任に渡辺さんが推薦され

1965年に横浜高校野球部コーチに就任します。

 

そして、1968年の秋に24歳の若さで横浜高校の監督に就任しました。

その後は横浜高校を強豪校に押し上げ、数々の有名選手を排出してきました。

 

1968年から2015年の夏まで監督をしていたというのでびっくりですね!

 

横浜高校の監督退任理由は

・持病の腰痛やメニエール病が重なってしまった事

・今までの疲労の蓄積で思うように体が動かなくなった事

・子供達と寝食を共にすることが出来なくなってしまった事

・かかりつけの医師から引退を勧められた事

などが理由だそうです。

 

ちなみに、監督時代は生徒の指導に熱心になりすぎて

家族のことを目を向けることができなかったと語っています。

 

果たして、孫の佳明さんはドラフト指名はされるのでしょうか。

私としては、おそらく指名されるとは思いますが

何が起こるかわからないのがドラフト会議なので、指名されることを願っています!!!

Sponsored Link